銅の豆知識

銅の役割 | 銅の特色 | 語源 | コイン | ことば | 銅の効用

銅の役割

◎花が長持ちし花瓶のヌメリがなくなります。

銅は科学的に証明できない僅かな量で驚くべき殺菌作用を示します。
明治26年、1千万分の1の銅イオンが藻類(あおみどろ)を死滅させ、これにより微量金属作用−滅菌作用が確認されております。 難しく言いますと、電子欠損状態(求電子体)になった銅イオン(Cu2+)がスケール、 細菌、藻などに接触して、これらの障害物から電子を奪うことによってその組織体のバランスが崩れ、 無機物は溶解流出し、有機物にはその生命活動を攪乱して死滅させる物理的な水処理が行われたのです。

◎正常な血液は銅なしでは作れません。

人間の体に流れている血液には無数の赤血球が含まれています。この赤血球の赤い色はヘモグロビンと呼ばれ、鉄をもった蛋白質です。 銅はこのヘモグロビンが体の中でつくられる時、鉄の利用を助ける役割をしています。

◎漢方にも使われています。

漢方では銅や緑青が使われ、金と銅の合金は薬として最も秀でているそうです。「たこの吸出し」といわれるおできの薬の成分にも緑青が用いられております。

上へ

銅の特色

熱伝導

銅はアルミの2倍、鉄の5倍、ステンレスの25倍もの熱伝導があります。 銅の湯沸を使用すればすぐに沸き、銅の鍋を使用すれば熱が容器全体均一に伝わり料理が上手に仕上がります。 また銅カップを使用して冷たい飲み物を飲むと、口当たりや手に伝わる清涼感が格別です。

殺菌作用

銅には殺菌作用があり、非常に衛生的な金属です。この殺菌作用により、水は浄化されますので花瓶は花を長持ちさせ、急須、湯沸等はうまみを一層引き立てます。

耐食性

銅は大丈夫で長持ちする代表的な金属で、環境によく耐えるとして古来より親しまれてきました。数千年前の貨幣や銅器が腐食されず保存しています。

銅と健康

銅は健康維持に必要な成分で、人間の発育に重要な役割を果たしています。銅のサビ「緑青」(りょくしょう)については厚生省によって無害であることが証明されています。体に全く問題ありません。

上へ

語源

英語のcopperの語源はラテン語のcuprumで、キプロス島(Cyprus)で産出したのに由来します。元素記号もCuです。 "あかがね"とも言います。金属は純粋だと普通、銀色をしていますが、銅は色がついています。このような金属は珍しく、後は金くらいのものです。 銅は地球上(地表から16kmの深さまで)に存在する元素を多い順に並べたクラーク数が25番目で地殻中には0.01%しか含まれません。 因みにクラーク数は酸素、ケイ素、アルミニウム(7.56%)、鉄(4.70%)、カルシウム、…と続きます。

銅の発見はB.C.4000年頃のイランの山岳地帯かエジプトの東シナイ半島であろうといわれます。青い石を含む岩の上での焚き火によって、灰の中に輝く銅を発見したのでしょう。 エジプトでは主に孔雀石(くじゃくいし)から銅を採りました。意外ですが、エジプトのピラミッドは石の上に、濡らした石英の粉を散らし、銅の鋸で切られたといわれます。 純粋な銅は柔らかいのですが、鍛錬したり、不純物のヒ素などが硬くしたようです。

青銅

青銅の名前は表面に出来たサビ、緑青(ろくしょう)の青色に由来します。 青銅は銅にスズが9〜10%含まれます。古代は2〜16%と一定していないようです。 銅より硬く、融点も銅より低く加工しやすかったといえます。 なお、遺跡で青銅器が多く発見されるのは、銅は錆びると表面に酸化物の膜が出来、それ以上腐食が進みにくいため、残ったものと思われます。鉄の方は残りにくいと言えます。 なお、以前は、緑青には毒があると言われましたが、現在では、ほとんど無毒だと言われています。英語では bronze(ブロンズ) です。 オリンピックのメダルは、銅メダルと言いますが、英語では a bronze medal。青銅メダルが正しい。

赤銅(しゃくどう)

赤銅色などと言う言葉が使われますね。赤銅のような紫を帯びた光沢のある黒色のことです。日本特有の合金だそうです。 この合金は金を3〜6%含み、さらに銀1%程度加える場合もあります。 日本では古くから工芸品や銅像などに用いられました。 硫酸銅、酢酸銅溶液などで処理をすると青黒い色彩がでます。紫金とか烏金(うきん)などとも言います。

真鍮(しんちゅう)

真鍮は真正な鍮石(ちゅうじゃく)の意味です。 16世紀の中国の博物書「本草綱目」に銅と炉甘石(ろがんせき、亜鉛鉱)を精錬すると鍮石になると記載されています。

上へ

コイン

日本のコインは1円玉のアルミを除いて、銅の合金が使われています。 新500円玉、日銀の発表ではニッケル黄銅となっていますが、この銅とニッケルと亜鉛の合金は、古くは洋銀と呼ばれました。 その後、銀が入っていないというので洋白と呼ばれています。 なお、硬貨は汚いという感じがしますが、チフス菌を培養したシャーレに5円玉や10円玉を入れたら死滅したという実験結果があります。 銅の殺菌作用によるものです。花瓶に10円玉を入れると花が長持ちするとか、シンクの排水口の金網に10円玉を入れておくとぬめりが起きにくいというのは、この殺菌作用によります。

上へ

ことば

ブラスバンド

黄銅は真鍮(しんちゅう)とも言い、英語では brass です。
ブラスバンドの金管楽器が黄銅で出来ていることに由来します。

コップ(cop:警察官)

アメリカの警察官は俗称をコップといいます。映画の題名に良く出てきますね。 胸に着けたバッジが銅製(copper)であることに由来します。 good cop, bad copという言葉がありますが、これは(人を扱う時などの)優しい面ときびしい面のことを言います。 日本語でいう飴と鞭です。優しい刑事ときびしい刑事が組んで容疑者を尋問することが由来です。

上へ

銅の効用

古代から日本人は、銅に親しんできました。その機能性や効用については、現在、広く知られていないこともあって、 なじみのない方も多いと思われます。また、緑青は有害との誤解があり、敬遠されている方もいるでしょう。(無害なのは実証済みです) まずは、誤解を溶き、銅の効用についてご説明いたします。一度、良質の銅製品を使われた方は、必ずやファンになっていただけるでしょう。

高い熱伝導率

銅は熱伝導が非常に高いという性質があります。鍋全体に熱が伝わるため、火の通りがムラなく進み、料理を均一においしく仕上げることができるのです。

銅の抗菌効果

強力な殺菌力をもつ銅は、水の腐敗を防ぎ、清らかでおいしい水をつくります。O−157も予防してくれるので、安全です。

栄養素の供給

銅は人の体に不可欠な鉄分の利用を助ける働きも持っています。さらに、脳、神経、骨、色素を作る際、銅が不足すると発育不良を起こす(銅欠乏症貧血)原因となるのです。

環境保護にも

生活排水も浄化してくれるので、流し受け、三角コーナー等の使用にも適します。もちろん、強力な殺菌力により、ぬめり、匂いの発生を防ぎ、お手入れもラクラクです。

上へ
トップ>銅の豆知識
Copyright(C) 2006 松岡特殊資材 All Rights Reserved